防災技術ゾーン

河川環境の整備・災害復旧対策工事に活用

水陸両用掘削機

株式会社高知丸高

HP
recruit

特長

ICT装備。GPSを利用した施工システムにより、施工の効率化、品質の向上、安全性の確保などができる。
橋桁下の低空間でも、支障なく掘削可能。
陸上ではクローラー、水上ではスクリューを駆動させ、自走できる。スパッドの取付により、水上での安定作業が可能。浚渫、ゴミ収集やガレキ撤去に対応できる。
  • ■寸法:全長9.5×全幅7.2×全高2.8(m)
    ■掘削バケット容量:0.45/0.5㎥
    ■最大掘削半径(補助ブーム2.0m): 8340mm(10340mm)
    ■最大掘削深さ(補助ブーム2.0m): 5520mm(7520mm)
    ■重量:本体(9.5t)、フロート(13.0t)
    ■フロート浮力:50㎥
    ■平均喫水:1.49m
    ■組立式:組立1日、解体1日
    ■水上固定:スパッドアンカー
    ■走行推進:陸上(クローラー)、水上(スクリュー)
    ■運搬:13tトラック4台
所在地高知市薊野南町12-31
TEL088-845-1510
FAX088-846-2641
E-mailmarutaka@ceres.ocn.ne.jp
URLhttps://www.ko-marutaka.co.jp
会社概要基礎工事のパイオニアとして、ダム、川を掘り下げ、流れを良くし、災害に強い安心な国造りに取り組んでいます
主要製品SqCピア工法鋼管桟橋、水中ブルドーザー、掘削ドラグライン、水陸両用掘削機、流木収集艇、組立式自航艇など
代表者髙野 一郎
設立1967年
資本金2,000万円
従業員98人