高知県知事

 高知県では、県経済の活性化に向けたトータルプラン「高知県産業振興計画」の取組を毎年強化し、「地産外商が進み、地域地域で若者が誇りと志を持って働ける高知県」を目指して、官民一体となった取組を進めています。

 その中でも、計画の大きな柱である「地産の強化」と「外商の強化」を積極的に進めるため、公益財団法人高知県産業振興センター内に設置した「ものづくり地産地消・外商センター」において、「ものづくり」に挑戦する事業者の皆様の相談にワンストップで対応するほか、皆様の経営ビジョンを実現するための「事業戦略」の策定支援を行うとともに、策定後は付加価値の高い製品・技術の開発促進や設備投資等による省力化など、生産性の向上に向けた支援を行っています。さらに、県外での見本市出展や商談会の開催等により外商活動も支援するなど、高知発の「ものづくり」を一貫してサポートしています。

 こうした取組の一環として、高知発の優れた技術や製品を県内外の皆様に広く知っていただく場としてスタートした「ものづくり総合技術展」も今年で第9回を迎えることとなりました。

 今年のものづくり総合技術展は、3密の回避や開催期間の短縮など新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を講じながら、県内経済の回復、さらには再び成長軌道に乗せることを目指して、企業の外商活動を支援することに重点をおいて実施します。あわせて、企業の技術・製品のPRをWEB上で行うオンライン展示会やオンライン商談会も行います。

 この技術展が、高知発の「ものづくり」への理解を深め、さらなる取引の拡大や新たな事業展開へとつながるきっかけになることを願っております。 結びに、開催にあたり、多大なご支援、ご協力をいただきました出展者をはじめ関係の皆様方に心からお礼申し上げます。